トップ研究内容

研究内容

研究テーマ

  • 研究内容TOP
  • 電子スピン制御と固体量子計算の物理
  • 一次元電子系と飛行量子ビット
  • 自己形成量子ドットとナノ細線における新しい量子現象
  • 自己形成量子ドットと半導体ナノワイヤにおける新しい量子効果
  • 光−スピンインターフェース

これまでのトピックス

  • 人工原子・人工分子の電子状態の研究
  • 人工原子・人工分子の電子状態の研究

ギャラリー

研究

樽茶研究室では、低次元電子系の量子輸送、電子状態とスピン相関、スピンを利用した量子情報処理の物理とハードウエアの実験研究を行っています。

研究概要

系の寸法が電子のドブロイ波長程度になると、電子の量子性に由来する干渉効果、電子間の相互作用に起因する相関効果などが、系全体の性質を左右するようになります。私たちは半導体を微細化することによってできる1.0次元の電子系に着目し、人工原子、分子における多体効果、強磁場中での相関現象、電子スピン、の関与する伝導現象、1次元相互作用液体の電子物性、スピン量子計算の基礎物理(量子コヒーレンスや量子もつれ状態)の研究を行っています。

このページの先頭へ